えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

最後の初出勤あれやこれや


f:id:k-happiness3chan:20200106063547j:image

 

前にも書いたが、↑の流れ(だじゃれ続き)で云うならば

 

てっきり本日は、

 

イチローの日

 

てな読みだったが、正解は「出初式」で、がっくりな私。

 

そう云う流れで、世間一般企業は、本日が新年初出の日で、かく言うわたくしも、初出勤で10日ぶりの4時起きの 辛いこと辛いこと。

 

けれど いつもの初出とは辛さも半減!

なぜならば、人生最後の 【初出辛さ】だったのであ〜る。

 

で、今朝(と云うより夜中の3時ごろ)凄い夢を観て、(小笑いのネタ)

ガバっと目覚めたのであった。

 

こんな奴  ↓

 

登場人物

料亭旅館三代目若女将と影で支える 番頭

 

ストーリー

 て云うか、笑いの落ち

 

番頭

   お嬢 何を悩むことありますねん、お嬢の腕は、誰にも負けしまへん。

 

若女将

  秀さん、もうこんな腕、もういやや

 

番頭

   なに云うてはりますねん、お嬢の腕は、先代譲りの、立派な腕でおます。

切れ味鋭い料理の味、キラリ輝く日本一の腕でおます。

 

若女将

   ほんまに心から思うて云うてますの?こんな腕

 

 

 

 

       っと、腕を突き出す

 

 

   こんなの


f:id:k-happiness3chan:20200106070404j:image

 

 

ってな凄いネタ。(-_-;)

 

ま、そんなこんなで なんやかんや、あれやこれや 心を揺さぶられた年末年始。

 

徐々にブログで書いて行くつもりですが、

 

直近の感動の記憶は、

アールブリュット 

これまた NHK Eテレ番組の話で恐縮ですが、

先日、

人知れず表現する者たち

 てなタイトルが眼に入り、録画(深夜だったので)、翌日再生したところ、

 

凄い芸術作品を生み出す人々を追ったドキュメント番組だった。

www.nhk.or.jp

作者らは、自閉症とかのいわゆる発達障害を抱え 一般社会に馴染むのが辛いひとたち。

(すべての作者が、そうとも限らない)

 

で、彼ら彼女らは、細かい点描を黙々と続けたり、細かいハサミ工作を長時間、延々と続けたり、それら額装をすることで、

【立派な芸術作品!】っとなるのである。

 

延々と巻き絵を描き続ける73歳の作者の作品など

凄い!凄い!凄すぎる!のひとこと。

 

なぜ彼ら彼女たちの作品、今まで知らなかったのか?

テレビでは、フランスで展覧会を開催、大反響な場面を紹介していた。

 

で、

ふと 日本で、アールブリュット展を開催したなら、大反響を呼ぶに違いない。

 

なんなら、ワイがやったろか?

 

っと、いつものググり大作戦。

 

しっかしまぁ。

 

ワタシャ、自分の凡人ぶりを イヤと云うほどがっくりしましたな。

 

数年前から、日本でも アールブリュット展て、既に全国あちこちで開催していたのでございます。

 

いやはや。

 

ま、そんなこんなで、今年もよろしく。

 

では