えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

行く年 来る年 来る年も行く年

良寛和尚の辞世の句とされる

『散る桜 残る桜 残る桜も散る桜』にヒントを得たタイトルでありまして、

来週は早くも新年!

 

新年がきたところで、やがては あっ  と言う間に行く年。。

 


f:id:k-happiness3chan:20191226071838j:image

 

ここんとこ、あれやこれやありまして 心が揺れ動いております。

 

まずは 朗報!

朗報と言ってよいものか否か、議論の余地があるけれど 

ようやく会社勤務のゴール!が くっきり見え始めたのである。

(人事部が用意の社会保険事務所提出書類にサイン!)

一抹の寂しさが、無いと云えば嘘になるけれど

それより 何より あと二ヶ月弱で【完全フリー!】になるコトの喜びたるや、

べらぼうに嬉しい。

 

雨の日、風の日、雪の日

関係なく目覚し時計に叩き起こされ

うざったい輩ばかりの地下鉄に もう乗らなくても良い!

 

それを考えるだけで 凄く幸せ感が沸々となのである。

 

で 次。あれやこれやの

胸を揺すった話。

 


f:id:k-happiness3chan:20191226073953j:image

ずっと前 本屋さんで偶然見つけて、

なぜ日本は没落するか

 

そのタイトルが 否が応でも眼に、こびり付いたでごわす。

これは文庫版だけど、初版は1999年刊行なんと20前の予言書なのだ。

 

予言と書いたが、インチキ宗教者のインチキ予言なんかでは無く、

れっきとした分析に基づく 信ぴょう性の高い本なのである。


f:id:k-happiness3chan:20191226075647j:image

 

日本の 出生率の低下から 人口減やら、精神の荒廃、政治や産業、教育

それらすべての構造的欠陥を分析、指摘した上での

『必ず没落する』との予想書なのである。

 

たとえ 保守であろうと、革新系であろうと

一切の色眼鏡なく、

 

政治家や経済学者、大企業家、教育者らは、

冷静に、穏やかに 平たい気持ちでこの本を読むべきだ。

 

現状日本は、既に荒廃の嵐が吹き始めていることにも目覚めるべきだ。

 

 

 

    続く

 

あ、いや時間切れなので。。

 

では

以下 追記

ガラリと話題を変えます。

ガラケーのアプリで カレンダーを見るのが愉しみ(定年退職までの日にち数え)だけど、

○○の日ってな紹介文字を見て、


f:id:k-happiness3chan:20191226175917j:image

この流れで云うと、てっきり六日は

【イチローの日】だと誰しも思う筈。

 

ところが、正解は、出初式 でした。

(-_-;)