えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

ゲゲゲの女房に 再び夢中

いやはや 

関西地区では、総合テレビで夕方にゲゲゲの女房を再放送しているのだが、

何度観ても おもろい モノはおもろい!

 

いや おもろい 

って言っても、その 面白いの、おもろい

ではなく、

水木しげる先生らの 歩まれて来た人生ならびに

先生を支えて下さった すべての人々たちのドラマを 

今見ることが出来る幸せで 嬉しい気持ちの 

おもろい  なのであります。

 

昨日のは、これまた号泣してしまった。

水木しげるの 一番不遇な時を 支え応援した戌井氏に、

悪魔くんの連載を相談し、戌井氏は心良く励ますのだが、

実は、北西出版は火の車。

売れっ子になった水木氏に 連載を依頼するつもりで 居た。。。

 

ってな くだり。

 

梶原善 氏に ピッタリすぎる はまり役。

 

当ドラマは、史実に基づくドラマとのこと。

 

水木しげるの 成功の影には、いろんな人々が居たんだなぁと 思いを寄せ

またまた 号泣。

 

質屋の親父にも ありがとうと言いたいし、

松坂慶子の  こみち書房の女将さん

にも ありがとう。