えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

凄い本にたどり着いた経緯あれやこれや

先日からの続き話どぇーす。

 

20年も前(新書版では10年前)に書かれた本をなぜ今ごろ見つけたのか この間抜け!

っとお怒りの方もきっと居られるだろう。

 

本を見つけた経緯を語るには 少々の回り道が必要。お急ぎでなければ お付き合いを願いたい。

 

小生、今は しがない定年延長嘱託社員

それで少し前から当ブログで 出版社を起業

或いは

出版社を買い取りも視野

 

とか 半分以上の本気モードを晒してましたが、いまだに持ち続けている。

いや 持ち続けていた。

それであれやこれや 自分なりに調べた結果

今さら出版社経営など どう逆立ちをしたところで成り立つワケない!

ってな結論に至り、(例えば 出版社の利益率などせいぜい6、70% 業界でお馴染みの返本を考えるなら 厳しい現実しかない。また、たとえ小さな出版社を買うにしても最低1000万円が必要。一千万を儲けるには幾らの売り上げが必要か?)

とか考えれば考えるほど 出版社経営はあきらめざるを得なかったのである。

 

かと言って、やはり夢も捨てがたく。。

 

いや、どう考えても無謀。。

 

そんな 悶々とした気分を引きずりながら とある日!

 

ふらりと立ち寄った梅田の紀伊國屋書店

 

パンパカパ〜ン

 

運命的な出会いがあったのであーる。

 


f:id:k-happiness3chan:20191106071148j:image

 

「本は自分の出版社からだす」

 

ん?むむむ。自分の出版社?

 

はは〜ん 起業のおすすめ本だな どうせコレも

と、冷やかし半分でぱらぱらめくったところ、

出版社の起業ノウハウ書ではなく、「発行元」として出版させる指南書なのであった。

 

初めて知った言葉だが、要するに

本の企画 (タイトル 内容 著者 体裁 価格設定 印刷様式などなど)は 自分自身で考え

出版流通(印刷 、製本、 取次、 書店)までの諸々はその道のプロが面倒見ましょう。

 

てな具合。

 

もちろん自分自身で執筆者でも良し、専門家に原稿を依頼するも良し、そのあたりは自由なのである。

 

もちろんリスクゼロではなく、印刷や製本にはそれなりに経費が必要。

けれど いわゆる自費出版とは違い、べらぼうな経費計上には至らないらしい。

 

で ワタシャ うーむむむ。と考えがヒラメキましたな。

 

こう見えても アイデアだけは有る。

 

あれやこれ こんなタイトル本 それなりに売れるに違いない

 

てな奴 次から次

 

で ここでさらけ出すと 先を越されるので全貌は言えないが

前々から温めていた本の企画 を思い出したのである。

 

で 確か書棚の奥にしまった

「社長あなたの会社は部長がつぶす」

フォレスト出版 山田修 著

 

を引っ張り出したのである。

 

パラパラとめくった時、

 

またも運命的な出会いが。。

 

そう、これ

 


f:id:k-happiness3chan:20191106074251j:image

 

そう ここで

 

あなたの会社が90日で儲かる!

 

との出会いが あったのであった。。。

 

 

 

  

続く