えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

ナタデココ

昨今の タピオカブームにゃあ、ついて行けない。

首都圏から火が付いたとされるタピオカブーム。

間もなく関西エリア上陸ってな新聞記事を読んだが

あの、ナタデココブームを思い出さずには居られない。


f:id:k-happiness3chan:20190911080926j:image

ナタデココって 一体何?の答えも知らなかった我輩とすれば、

 

やがてナタデココブームの二の舞になる予感、タピオカブーム。

 

んで ふと  ナタデココの小笑いを思いついた私。

 

 

以下  小笑い劇場だす。

 

 

とある山中、登山道から大きく外れ、

少女は不安な気持ちを抱きながら

彷徨っていた。

 

歩けど歩けど、同じ場所にさっきから

ぐるぐる。

 

目印な筈の太陽は 厚い雲にすでに隠れてしまった。

 

ん?

 

その時だった。

 

林の向こう側から、人の気配がした!

 

まさか熊?いやいや 

あれはたしかに、人の気配。

 

耳を済ませば、話し声すら。

 

助かった! 

 

身体の隅、どうにか残る僅かなエネルギーを振り絞り、坂道を駆け上がる。

 

 

 

熊?

 

ってな風貌な、男たちの姿。

顔はヒゲに覆われていた。しかも

手にはキラリと光る刃物さえ。

 

うわ。く、熊よりたちが悪い。

 

しまった。男たちに気づかれてしまったようだ。

 

おう、何だお嬢様。

 

こちらに向かい、歩き始めた。

 

た、助けて。に、逃げなければ。。

 

だが、身体が動かない。

 

何の用かな?お嬢様。

 

す、すんません。道に迷ったんです。

 

すると 男のひとりが ナタを振り上げた。

 


f:id:k-happiness3chan:20190911080808j:image

 

登山道は、あの林の向こうだや。

地図持ってるか。

 

ハイと差し出す。

 

すると

今いるのは、このあたり。

 

っと、【ナタでココ】

って 教えてくれたのだった。

 

(-_-;)