えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

観ず嫌い

食わず嫌い ならぬ  観ず嫌い なお話

 

先日の土曜日、何気にチャンネルを変えたところ、「超高速参勤交代リターン」を放送中だった。

おそらく、新作の 「引っ越し大名」の映画宣伝の意味合いでのテレビ放送なんだろうが、

 

超高速参勤交代と云えば、昔、映画館で予告を観たことがあり、

当時は、『あ、何を今さらな時代劇』てな調子で、

特段観る必要の無い映画  って決めつけた記憶がある。

 

それで、チャンネルも 速攻変えようかと、一瞬迷ったものの、他に目ぼしい番組も無く 

仕方なく観続けたところ

 

ぐいぐいと 作品が持つ面白さに、惹き込まれてしまった。

 

どう観ても、時代劇とは無縁そうな俳優たちの太刀回りは迫力満点で 見事だったし、

 

理不尽な要求に対し、如何にクリアして行くのかの展開もわくわく感たっぷりだったし、

 

んで、観始めたのは、途中からなので、最初が気になり、

それより何より 第一作目が、めちゃくちゃ気になり、

速攻アマゾンのプライムビデオを検索!

 

すんなりとヒット 第一作 そして 途中からだったリターンも続けて鑑賞した。

 

笑いあり、涙あり、迫力満点あり これぞエンターテイメント!

てな 久々に見終わった時の爽快感を味わせてくれる映画です。

 

ここんとこ、どちらかと云えば 見終わった時【妙に考えさせられ、あれこれ悩んでしまう】ってな映画が比較的多い傾向にあると思う。

(そう云う映画を自分が選んで来ただけかも)

 

それと考えさせられたのが、【映画の予告編】が如何に大事かと云うこと。

 

映画の予告編で

別に観なくても良いや

 

と思わせるか、

 

あー 絶対に 何があっても是非観たい!

 

って思わせるか  凄く大事だと思う。

 

なぜなら、小生のように、【観ず嫌い】な

そのくせ映画好きファンは、かなりな比率で居ると思う。

 

ところで 引っ越し大名 是非観に行きたいっす。

 

なにしろ

超高速参勤交代 と同じ作者(脚本家)なのであーる。