えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

田中慎弥氏を好きな理由 1

芥川賞には一応の関心があるものの、

いわゆる文芸作品と云うものは、苦手だ。

文芸誌を時おり買っては読んでみるが、いまいち小説の世界に入り込むことが出来ない。

 

文芸作品が苦手な理由を、自分なりに、あれこれ考えてみた。

先ず、ストーリー展開より、主人公らの心の動きに重きを得た作品が多く、

 『え、いったい何が言いたいんだコレ』

或いは

『で、この先どうなるの結局』

ってな具合で、ついつい敬遠してしまう。

 

どちらかと云えば、単細胞で短気な自分。

従って、

年に二回ほど行われる芥川賞授与式のニュースも、

「ほ〜う、今年もそう云う季節か」てな軽い関心で観る程度。

 

でも一応は、読書好き人間。

 

本は好きだが、文芸作品は苦手。

 

ゆえに、芥川賞を取った小説家の名前なんて5、6人ほどしか挙げられないのだ。

 

で、田中慎弥!

 

なんと言っても、名前と云うか、彼の存在を知ったのは  例の

【芥川賞授与式でのコメント】

 

正確に云えば、

あのコメントだけを、おもしろ可笑しく、取り上げるニュース番組だったかワイドショ  ーだったか、そのどちらかで知った。

 

要するにその程度の関心だったので

名前を知ったものの、肝心の作品まで読んでみたいとは、その時点では思わなかったのが正直なところ。

 

ところが、

それから約一年後、いつも見る『情熱大陸!』

 

芥川賞受賞。。。と云うより、コメントぶりで小生の胸をわしづかみにした、あの田中氏の密着取材とのコト。こりゃぜひとも観なくっちゃあ!

と観たのである。

 

彼の生い立ちやら、受賞式後のドタバタぶりやら、苦悩しながらの執筆中姿。

パソコンどころか、携帯電話すら持たない日常やら、文芸誌編集者とのやりとり姿。おそらく演出のエの字も無い、凄ドキュメントだった。

 

《紙とちびた鉛筆。数文字書いては消しゴム。

ニ、三行を埋めるだけで丸一日を費やすコトもある。

もし彼が小説家にならなければ、どんな人生を送ったのだろう》

 

確かそのような、ナレーションが未だに耳にこびりついてます。

 

受賞式以上の、強烈なインパクトが胸に刺さり

 

是非とも 作品を読んでみたい!!

 

って思った瞬間でもありました。

 

んで

 

先ず手始めに、芥川賞作品  『共喰い』

 

正直、一読目の感想は 

何やらわからないうち、終わったなぁー。

え、でも 気づけば最後まで読み通したやん。

てな具合で、二度目 三度目。。。

 

実はと申しますと、芥川賞作品を最後まで読んだのは、共喰いが初めてだったのです。

 

たいがいは、冒頭の部分だけで挫折。読む気が失せ、比較的短編でありながらも、最後まで読み通すなど、自分の頭では無理だったのです。

 

が、初めて読み通した 共喰い。

 

一読目 この先どーなる?っとついつい読み通し、

で 結末は いまいちわからない。

 

で二読目  ここでようやく、主人公や登場人物らの心の動きとかを知り

 

ほ〜 そう云うことか、

 

で三読目

ここで、一読目や二読目で気づかなかった【新たな発見】とやらに気づく。

 

短編でありながら、凄!

 

これが文芸作品と云うものだったんだ。

 

と、ようやく文芸作品の読み方、味わい方、愉しみ方に目覚めた小生、

 

ならばと、田中慎弥 小説家となった原点とも云うべく『冷たい水の羊』

これも 是非とも読んでみたい!!

 

っと、書店めぐりをスタートしたのであった。

 

思えば 六年前の、春には遠い二月頃であった。

 

 

        つづく