えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

二週目に突入。ぎっくり腰。そこでとある発見アレやコレや

いやはや、人生二度目のぎっくり腰を喰らわして、二週目突入。

 

初日

『あ。立ち上がりも出来ない!』

的な、相当な重篤期は、突如としてやって来ます。

特に思い荷物を抱え上げたわけでもないのに。 

 

んで

それでも気合で立ち上がると、なんとか身体が動くようになリます。

※あくまでも自分の場合

 

 もちろん 動作を起こすたんび

 【激痛が脳天パンチ】喰らわしまっす。

 

んで、

ワタシャ自分で自分を褒めたい!

 

 翌日から  普段通り4時起きで 会社。

 が、15分と座ってられず、さすがに会社は早退。

会社近くの医院でレントゲンやらなんやかんや検査。

ココ痛くないですか?って 患部近くをギュッギュって

 

押さえられるたび

 

あっは〜ん!

 

痛いどころか、凄い快感。

 

すました顔で

『痛くないです』

『じゃあ単なる筋肉疲労からの腰痛ですな』

 

んで

 

二週目突入の今週  日曜の朝

 

楽になるかと思いきや

座る時間に比例して、立ち上がり時の激痛は、ひどくなる一方。

 

なんでやねん     と、ここで例の  ググり倒し大作戦

 

すると

 

冷湿布   と  温湿布

 

二つの種類があり、症状が現れた初期の頃には冷湿布が効くが

 

痛みが改善の頃には  むしろ冷やすと悪化。

冷よりも温湿布が良い!

との情報。

 

で昨夜、さっそく温湿布を貼って寝たところ、

 

パンパカパ~ン!

 

 何の痛みもないじゃあ あ〜りませんか!

昨日までの あの痛みは  何やねん!  的に  快方に向かっているのでありまっす。

 

ただ、

同じ姿勢で2、30分座る場合、いまだに腰周辺が固まってしまい、痛みがでます。

 

が、激痛ではなくなりました。

 

また、アレやコレやググり倒し

 

姿勢による腰負担 その数値化を実現したスウェーデンの博士論を発見

 

目からウロコです。

 

ロダンの考えるヒト

いわゆる  うんちスタイルも相当な負担数値だったんですな。


f:id:k-happiness3chan:20190619075605j:image

 

腰への負担を数値化&見える化 - やまもと鍼灸院

そういうことか。

2019/06/18 08:29