えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

レンタルなんもしない人 の映画化を考えてみた話

前回、あずかり屋さん の映画化を考えたけれど、何のオファーも

今日現在ゼロ!(笑)

じゃあそれならば てぇコトではないのだが

『レンタルなんもしない人』の映画化も面白いんでぇねぇか?

ってな考えが 最近 何の前触れも無く閃いた!のだ。

レンタルなんもしない人 を知ったのは
ちょくちょく観る、ドキュメント72時間。

いやはや 世の中にゃあ

色んな人生、

色んな事情 などなど在るんだな〜 ってこの番組のファンなのだが

レンタルなんもしない人 の回は

飛び抜けてズバッと記憶に残る 。。と云うコトでも無かったのだが

その後、色々なコトに遭遇するたび、
彼のコトを思い出し、あるいは
彼を必要とする(せねばならない)事情を抱えた依頼者たちに思いを馳せ

しみじみと、そして心の底まで
ふか〜く、考え込んでしまったのである。


で、そう云えば
あずかり屋さん の本を読んだあとの
ほのぼの とした 陽だまり にも似た
穏やかな気分になったのを突然思い出したのである。

これはどう云うコトか

すなわち そう云うコト なのである。

神戸 東北 熊本 北海道 などなどの 大震災や
昨今 巨大化しつつある台風や 豪雨 などの

自然への恐怖は身近になりつつは、もちろん

政治 経済への不信

過去 現在 未来に対する 大いなる 不安

それや これや アレコレ 俺たちは抱え 暮らしている。


そのような時

ふんわり 漂う タンポポの綿毛のような行き方。

ほ〜

人生て、なんとか なるもんだ。クヨクヨしたって何も始まらない。

いやはや

なんとなく 笑える。

なんとなく 愉しい。

なんとなく 勇気をもらえる。

そして なんとなく 泣ける。

彼らの 新しい行き方 こそが
現在 未来を変えてくれる指針となる であろう。(たぶん)

この へんてこな けれど
ひじょうに考えさせられる人生の行き方。

こりゃあ ひょっとして映画化すれば
多勢のヒトに受け入れられるのでは?


ってな思いを抱きつつあったところ

なななんと 書籍として すでに発刊したとのコト。


きっと 映画化まで進むに違いない。

いや 水面下ではすでに進行中かも。。。

もし、

まだであるならば、是非 当ブログをお忘れなく。

いや〜あ、ほんの気持ちだけのアイデア料で充分ですから。。。。


で 肝心の 映画化のアイデアです。

キャスト

主役。。本人
も考えてみましたが やはり 興行的に俳優さんで

ズバリ 加瀬亮!

彼以外に思いつきません。

で 彼の妻 役 シシド・カフカ てな俳優さん。。。

あ、 すんません 時間が


続き は 後日で。。。