えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

社長と言う職業の選択肢をやはり考え続けてる話

前にも書いたけれど、企業運営の夢を 未だに引きずっている。

 

んで、先日

M&Aの紹介サイトを覗いてみたら、謎の出版社、まだ残っていたのである。

 

今日び、出版不況と呼ばれる時代、いくら老舗とは云え、

おいそれと簡単に手を出せる物件じゃあ無いんだろうとも思う。

 

また、その出版社

既刊本がどう云う性格のものかを知りたい。

 

と、云うのも、

スッパリと廃刊の出来る性格なのか

或いは、ほそぼそとでも、今後も継続せねばならない本なのか

 

それによって ガラリと変わる。

 

小さくても 拘り抜いた、まさに手作りのような本を世に送り出し

成功している出版社も幾つか知っている。

 

で 自分の夢

 

1 まず 本格的文学小説に挑戦

  70までに 芥川賞を取る!

 

あ、そこで(笑)った人、

数年前、75で芥川賞を取った方のニュースを知らないんだな。あはは

 

2 で 芥川賞で 脚光を浴び

 なんとまぁ 出版社を手がけ始めてるコトもクローズアップ!

 

で一躍、出版図書も 売れに売れ 経営も安泰。。。。

 

 

いやはや

 

芥川賞受賞インタビュー 今から練習の必要があるかもですな

 

と、云うのも、【大事なところでいっつも噛む】から。

 

いやはや 参った参った。

 

 

 

 

そんな問題じゃあ 無い

てか。

 

念ずれば いつか 花も咲く!

 

じゃあ あ〜りませんか。

 

では 

 

追伸

前にも書いたが

 

こう言う本 売れると思う

 

1 汚部屋で何が悪い!

 てなタイトル 副題は 

仕事の出来る奴ほど机が汚い

 

内容 

・こんなにもいる 汚部屋で成功している著名人

 

・片付けを辞めたら ウツが治りました

 

・ほど良い散らかりこそ 精神を安定させる

 

・几帳面な性格 もうやめにしましょう

 

・乱雑の山から 大事なものをすぐ取り出す方法

 

・部屋の掃除より、心の掃除

 

 

などなど いくらでもネタが思いつく

 

いやはや