えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

自分の人権も守れない法曹が他人の人権を守れるはずがない

↑ 最高裁に告ぐ 岡口基一氏著 本文より引用。

 

先日の続きだが、この本を むさぼり食う様に読み尽くした。自分は自慢じゃあ無いが、読書好き。しかしながら、頭の構造がち〜とばかり弱い。

論理的回路を要する複雑な文章

 例えば

ナニナニではない ことは考えられないことはない

ってな文章に出くわした場合、パニック発作の一歩手前まで来る人間だ。

 

それで 読書好きとはいえ、複雑な文章や、守備範囲外の専門書などは敬遠していた。

 

この「最高裁に告ぐ」も

あちらこちら 法曹界独特の専門用語が散らばり、確かに苦労はした(自分の頭レベル的に)し、

また 最初は 

自身の問題では何の関係も無い第三者的

単なる興味本位で読み始めたのも事実だった。

 

ところが

 

わが国の 今や最高に力を持っていると認識する

最高裁判所の長官を始め判事たち 

 

その現実はどう言う状態か?を読み進めるうち

【とんでもない恐怖】を感じ始めたのである。

 

我々一般国民にとって、遠い対岸の火事ではなく

いつ何時 冤罪事件に巻き込まれるかも知れないし

(時の権力者に都合よい法律で、いつなんどき犯罪者にでっち上げられる可能性すら)あることを認識すべきだ。

 

〘司法という国家作用を担う強大な国家権力である〙著書より引用

最高裁判事が「王様化」することの恐怖。

 

今まで自分は漠然と、

最高裁は憲法遵守の立場、我々国民の人権を護ってくれるだろう。。

と考えていたが、

どうやらそれは【希望的観測】に過ぎないのである。

 

著書のなかで 

最高裁判事らが、漠然と頭のなかで考えた理由で判決理由とされた記述があった

例えば 

容疑者は過去に於いて○○の犯罪を侵したから、今回も○○であろう。

 

っと単なる推測で有罪判決を言い渡した事例を上げらている。

 

これなど まさに背筋が凍る思いで読んだ。

 

果たして

法曹界は、人が人を裁く難しさ。をどれだけ認識し、また

憲法で保証されている筈の [人権]についても理解しているのか?

 

をも 岡口氏は 渾身の思いを込め、訴えておられるのである。

 

(続く)

 

え。またもや?

 

すんません。時間が

 


f:id:k-happiness3chan:20190424080658j:image