えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

コトは、じゅうだい!

いち地方の、とある県のT市。小京都と呼ばれる落ち着いた風情を醸し出すのどかな佇まい。

その一角に、県会議員 鬼瓦権造の広大な屋敷がそびえ立ち、そこでの出来事だった。

 

早朝からの庭掃除をようやく終え、ひと息つこうかと庭石に腰を降ろしたまさにそのタイミング

 

プァ〜ン 

派手なクラクションの咆哮ともに漆黒のクラウンがすっ飛んで来、履いたばかりの庭土の砂煙りを舞い上がらせた。

 

ち。せっかくの。。。

 

車の持ち主は、鬼瓦が経営する建設会社の専務。また後援会長という立場でも鬼瓦を長年支えて来た男だ。

だが猛スピードでの乗り入れ、一歩間違えば事故に繋がる。ここは文句のひとつやふたつ云うべき。。。と腰を上げる。

 

え? なんとまぁ

 

後援会長は車から飛び降りるや、すでに屋敷内に駆け込んでいた。

 

ん! 一体何

いつにない後援会長の慌てぶりが気になった。

 

 

あ!

もしやあの件?

 

それは 少し前から、同じ書生たちの間でしきりに噂されていた。

来年の夏に行われる国政選挙。政権与党、民自党幹事長からの直々の要請で、鬼瓦も民自党公認として是非とも出馬を。

そんな噂がささやかれ始めていたのだ。

 

鬼瓦が当選の暁には、晴れて国会議員。

 

すなわち

 

この自分も 国会議員!

の秘書!

 

県会議員秘書と国会議員秘書 

その違いたるや雲泥の差。

 

そして

 

やがては、鬼瓦の地盤を引き継ぎ、

この俺だって国会議員!

 

いやっホ〜

 

不意に年老いた母の顔が浮かんだ。

いよいよこの俺も国会議員。

 

苦節数十年、いきなり飛び込んできた夢に胸が踊った。

 

はやる気持ちを抑え、権造の部屋へと急いだ。

 

『な、なんだとッ!』

 

いきなり権造の大声が廊下に響き渡った。

 

『す、すんません』

続いて後援会長の声

 

 

まさか

 

国政選挙の話は、ご破算?

 

耳を澄ませ、部屋の様子を探った。

 

重苦しい権造の声が続いた。

 

『娘は高校卒業したばかり、まだ18だぜ』

 

『すんません』

 

『なのに琴に縁談てか』

 

 

【コトは十代ぞ】