えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

かいつまんで言うと

しっかしまぁ。。。

 

その一言を発したきり、旧家の主人は黙り込んでしまった。

法事を控え数年ぶりに集まった親戚一同、その数、20人は居ただろうか。

 

え?一体何ごとですの。

まわりの人々は 次の言葉を今か今かと待ちわびた。しかし

数十分もの間、主人は沈黙を保ったまま微動だにしない。

 

んで間もなくお寺さんも、来られるっちゅうに何を黙ってますの?

 

とうとう見かねた主人の従兄弟が口を開いた。親戚一同で一番の長老者だ。

 

果てさて、何ら説明したものか。

 

ようやく沈黙の主人は立ち上がった。

そのまま台所まで歩みを進め、冷蔵庫の扉を開け、ひとつの貝をつまみ上げ言った。

 

『あとで鍋させる予定やが、なんか臭うねんこれ、大丈夫やろか』

 

 

 

 

…………貝つまんで、主人は言ったのであった。