えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

あとは能登奈良大和奈良

上、

あとは野となれ山となれ

の駄洒落です。(-_-;)

んで、しばらくぶりの記事アップには少々の理由があり、かなりそこそこ、落ち込みオロオロして居りました。

 

でも なんとか光明が見え始め また考え方次第で、『生命の有難さ』を教えられ、自分ら家族にとって【これで善し】と考えることにしました。

 

先月、女房の胃に腫瘍細胞 いわゆる癌と云う奴が見つかりました。

初期の段階とのコト。早く手術しましょう 

とのドクターの明るい声に励まされ、同意書にすんなりサイン!

 

てっきり、ちょこちょこ っと悪い部分だけを取り除くかと思いきや 結局のところ【胃袋は全摘】でした。

 

亭主と云う名の他人の自分でさえショックでしたが

本人はもっとショックだったことだろう思います。

 

ですが この二週間ほどで 

今までの5年分ぐらいの 夫婦間の会話をしました。

息子や娘らとも10年分ぐらいの会話が出来ました。

 

ただ単に 如何に今まで 女房や家族らをないがしろにしていただけ っちゅう悪亭主の証明でもあり、胃のストレス 

その原因は ズバリ俺! そう云う気がふつふつと 沸き起こります。自分で自分が情けない罪悪感は、一生消えることは無いでしょう。

 

しかし おかげで 

今までの分、女房孝行に努める覚悟でもあり、

同時に 自分の身体にも しっかり注意を図っていくつもり。

 

今週の NHK朝ドラ まんぷく で

生きてさえ入ればなんとかなる。

 

この台詞、凄く胸に刺さりました。

 

そう!まさにその通りだと思います。

 

胃袋が無くとも【腹が減る】らしい 

って初めて知りました。

 

少しづつ、少しづつ まさに日にち薬。

日 一日と回復に向かってます。

 

土曜日には退院予定。

ただ

 

上げ膳 据え膳 暖房完全完備!な環境から

 

しかも猛烈寒波予想な週末が 心配ですが