えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

人は自分に興味のあるモノ(コト)しか見えない

昨夜、報道ステーションで初めて知った【水道民営化問題】

いやはや、それは軽い衝撃だった。衆議院にて既に可決、参議院に法案が送られ今の臨時国会で可決の見込みとのコト。

 

命の水問題なのに、【一体全体、いつの間に衆議院にて可決したんだああああ】ってな衝撃。

 

もちろんTweetやネットで民営化問題のニュースは知っていた。が、大切な水に関する問題ゆえ、野党並びに、マスメディアも

《総力を挙げ、全面的反対!》を行なってくれるだろう。てな甘い考えで、特に関心を寄せるコトなく過ごして来たのである。

購読している毎日新聞は、産経新聞や読売新聞とは違い、政府や与党に対して、変に媚びるコトなく、まぁ一応の信頼性を持って購読してきた【つもり】。

 

だが 水道民営化問題に関する記事については《一切の記憶が無い》のである。

 

慌ててググったところ、なななんと、今年七月の衆議院で通過。とある。

衆議院で通過すなわち、参議院でも圧倒的に与党議員が多く、法案成立!も時間の問題。なのである。

 

マスメディアはなぜ大騒ぎしなかった?

また、野党の皆さんも、なぜ大騒ぎしなかった?

 

それとも、自分が今まで気付くこと無く【ぼ〜っと生きてただけ】なのか。

 

ここでふと 数ヶ月前に知った『見えないゴリラ』の話を思い出したのである。

 

心理学的問題としてかなり有名な話らしい。

 

出題者は、2チームに別れたバスケゲーム。白色と黒のユニホームに分け、白色チームのパスの回数を数えさせる。

てな問題。

だが、出題の本当の狙いは、《バスケゲーム途中、ゴリラのぬいぐるみを着た人に気付いたか?》と云う問題。

回答者のほとんどは、白チームのパスの回数に気をとられ、ゴリラに気付く人は、かなりの少数だった。

てなオチ。

 

この例え話、凄く実感が沸き上がります。同時に、ほとんどの人たちは、

『こう云う風に支配者に騙されて来たかも』っと考え込んでしまいます。

 

例えばAと云う案件を成立させたいがため

わざとBやCについて大騒ぎ、から騒ぎさせる。

で、ほとんどの庶民たちの関心をBCに集中。で、フタを開けて見るなら、

アレよアレよと云う間に、A案件が成立!していた。。

 

おそらく多分に、世界はこう云うコトで動いているんだろうと思う。

 

なんやかんや、軽い衝撃を引きずって、本来なら即席麺の危険性を書くつもりが延期いたしました。

 

いつの日か改めて。

 

とりあえず画像だけ


f:id:k-happiness3chan:20181127080709j:image

某※ップヌードル

の成分表

食塩量に注目!

ななんと、世界標準では一日の摂取量目標値をたったの一杯で。