えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

朝ドラ「まんぷく」ドラマとしては面白いけれど。。。

映画『百円の恋』以後すっかりファンになった安藤さくら主演の朝ドラ、もちろん第一回から皆勤視聴(録画再生)しており、まぁドラマとしては高視聴率の名に恥じない番組と言えるだろう。

 

 

ここに来て(今週からいよいよ国民の食による栄誉食の開発がテーマ)となるようだが、

ドラマのモデルは、即席麺開発の安藤百福氏

 

すなわち ドラマを観るほとんどの国民は、【チキンラーメン開発】にはこんな苦労があったんだ

ってな驚きと同時に

【栄養素の高い食品の開発】だったのか ってな【誤解】が生じないか?と云う懸念。

 

安藤百福氏の開発理念(自伝を読む限り)

『食料難な時代、安くて手軽な食品の提供』

は確かに立派で尊敬の念を覚えずにはいられない。

だが

戦後の食料難の時代はともかくとして、【即席麺イコール栄誉食】と誤解を招きかねない朝ドラの展開はどうなの?何故なら

【即席麺がもたらす身体への悪影響】はどこか置き去りにされていないだろうか。

 

今では、少しググれば、インスタントラーメンの弊害を検索することが出来る。

しかし、全国的人気を誇るNHKの朝ドラで放送となれば、ネット環境からほど遠い人々に、【ほ〜色々言われて来たけど、即席ラーメンって身体に良いのか】ってな誤解を与えてしまうのではないだろうか。

 

例えば思い付きの図式だが

 

NHK

イコール 

公共放送 

健康番組も充実

 

そのNHKの朝ドラテーマ 国民の栄誉食の開発物語

即席麺イコール栄誉食!

 

 

(;´∀`)

 

まぁ、短絡的に↑のようなコト考える人って居ないとは思いたいが、

 

自分ちの女房を観る限り、他人事とは思えない。。。

 

ちなみに かく言う自分。

 

週に二日ほど、即席麺のお世話になって居るコト、付け加えておきます。