えらいすんまへん、どんつきで三角座り

自分で云うのも何ですが全然タメにならないブログです

やはり2025年大阪万博なんか要らない理由

先日の毎日新聞(大阪版6面)に、小さな記事が掲載されていた。大阪万博の誘致決定のあかつきには、大阪商工会議所として、出来る範囲での万博経費負担を行いたい。と云うもの。

f:id:k-happiness3chan:20181020125016p:plain

勿論、2000億もの経費予算の全額負担ではなく、三分の一が大阪商工会議所会員負担のつもりだろうが、

『どこにそんな銭があるねん!』

っと声を大に言いたい。
f:id:k-happiness3chan:20181023073944j:image

勤務先に出入りの、とある会社社長のボヤキを耳に挟んだだけなので、真相は分からないが

大阪商工会議所に属する企業、大も中小も関係なく

何と【一律百万円の拠出】を求められた

とのコト。

もし真実なら、とんでもない話で、万博の恩恵とはまったく無関係な企業にとって、大迷惑な話だ。

 

そもそも、2025年万博、など大阪維新が自分自身の政党のため、誘致を言い出したものに過ぎない。

 

中には、1970年大阪万博の成功の夢よ再び!っと

甘過ぎる夢と云うか、幻想を観てるヒトも居るだろうけど、

 

ハッキリ断言する。

 

あの大阪万博の賑わいは、絶対に来ない!

 

2025年 すなわちどう云う時代かと言えば

3500万人が75歳以上と云う後期高齢化社会の日本となる。

 

オリンピックと違い、何の感動も無い 万博のタメに全国からやってくるとは、到底思えないのである。

 

(大阪に住んでる拙者ですら、7年後には70歳を迎え、わざわざ万博なんか行く気は無い)

 

二千億、下手したら五千億と言われる経費

誰が保証するつもりなのだろう。